「毛ぐらい剃ってこいよ」

「毛ぐらい剃ってこいよ」

「毛ぐらい剃ってこいよ」

私がムダ毛について悩み出したのは中学生の頃でした。

 

体育の授業の時にクラスの女子に「毛ぐらい剃ってこいよ」と言われたのがきっかけです。
私は女にしては毛が濃く、男性並の毛深さではあったのですが…

 

当時言われた時はとてもショックで、

それ以来脱毛について考え悩むようになりました。

 

最初はカミソリで剃っていたのですが、
肌が弱いせいで荒れてしまったり、

 

うっかり肌を切ってしまったのが傷として残ったりして、
別の方法を考えるようになりました。

 

最初に除毛クリームを購入し試してみました。

 

学生のお小遣いで買える程の安物だったせいかもしれませんが、効果は0でした。

 

太くて濃い自分の毛には効かないのではないか…と思い、
あっさり諦めてしまいました。

 

毛根まで抜ければ生えてこないようになる…
と聞いてガムテープを使って脱毛したこともありました。

 

抜けはするのですが、痛い上に肌が荒れ、
毛が生えてこなくなるということはなかったので、これも数回試してやめました。

 

毛抜きで熱心に毛を抜いてみたりと色々試みましたが、
結局はカミソリで剃るようになりました。

 

でも剃ってもすぐ生えてくるし、
毛が埋没してしまったり…肌を出す季節は憂鬱です。

 

大人になった今は脱毛器や脱毛サロンに興味があります。
面倒くさいというよりは、「綺麗に見えたらいいのに」という憧れからです。

 

脱毛器は購入した知人数人から
「綺麗に剃れない」「痛い」という声を聞き、購入を渋っています。

 

脱毛サロンは、足だけ脱毛した友人から「もう少し早くやっておけば良かった。
今はすごく楽」という声を聞いて、行きたい…!という気持ちがすごく大きくなっています。

 

ただ脱毛器にしろ脱毛サロンにしろ結構なお金がかかるものなので、
気軽に手を出すことができず悩み続けています。

 

長年の悩みが消えるとなったら安いものなのかもしれませんが…やっぱり悩みます…!


ホーム RSS購読 サイトマップ